今ではどこの会社でも導入されているパソコン。オフィス勤務ならば一人一台ともいえる普及率ですが、やはりプリンターのトナー代は経費として大きな割合を占めるのではないでしょうか。そのような場合にお勧めなのがリサイクルトナーです。プラスチック部分お本体をリサイクル、中のインクを再充填したもので、新品よりも価格はぐっと下がります。また、使い終わったトナーも回収・再リサイクルされることが前提なので処分料もかかりません。もちろん、品質も厳重にチェックされているので使用する側も安心です。このリサイクル制度ですが、どの会社・プリンターでも採用されているわけではありません。しかし、導入されている場合は切り替えるだけで大幅なコストダウンが見込めます。もしも気になった場合は、プリンターメーカーに問い合わせてみるといいですね。

リサイクルトナーの利用がエコに優しい

既にかなり浸透してきたリサイクルトナーですが、皆さん野会社ではリサイクル品をご利用になっていますか?これは通常に購入して使用済みになった容器を捨てずに、空き容器をメーカーに返却するのです。この時の返送代は勿論無料です。するとメーカーは容器の洗浄後、その容器に再びトナーを詰めて、また出荷するという仕組みです。こうする事によって、容器のごみを減らす事ができます。また私達顧客側にしてもリサイクル品を使う事によって料金が安くなるとうメリットもあります。最初のうちはウッカリ捨ててしまう事もありましたが、最近は社員の殆どの人がこのプログラムを、理解しているので混乱も少なく、また企業として、エコ活動に協力しているという自負にもつながります。これからも絶えることなくいつまでも続けていきたいこのプログラム、もっともっと多くの企業が参加するとよいですね。

トナー交換を嫌がらないでください。

会社や学校、どこにでも印刷機やコピー機が一つもしくは複数ないと、仕事や勉学に差し支えがあるほど大事なもので、普段の生活に浸透しています。FAX機能付きというものもあります。一人一台ではありません。職場のみんなで共有するものです。それぞれのパソコンから印刷機に繋がっているので、パソコン画面上の印刷ボタンさえクリックすれば、誰でも簡単に何枚でも同一印刷機から印刷できます。コピー機もそうです。みんなで共有し、コピーしたい枚数分をコピーします。複数人で使っていると、自分が使っている時に紙不足やトナー交換をしてくださいとメッセージが出ることがあります。紙の補充なら、まだ簡単でいいのですが、トナー交換に関しては、手が汚れるからとか、やり方がわからないと放置する人もいます。自分も使っている以上は人に聞いてでも交換するべきです。自分の使用時は尚更です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *