初めてコンタクトを装着する瞬間はちょっと怖いと思いますが、痛くも痒くもありません。思い切って一歩を踏み出してください。長い間眼鏡に慣れていた人がコンタクトレンズにチェンジするとちょっと怖いかもしれませんが、コンタクトレンズも眼鏡も両方使えるとすごく便利なので頑張ってください。
最初はガラスの素材でできていたコンタクトレンズですが、20世紀の中ごろに今と全く同じプラスチックのコンタクトレンズが米国で製造されました。その数年後には日本でもメニコンの創業者田中恭一氏が日本で初となる角膜のコンタクトレンズの実用化に成功したのです。ソフトタイプのコンタクトレンズがアメリカで実用化されたのは1971年です。
角膜にコンタクトを乗せるときには、まずレンズをきれいに洗い、そしてコンタクトレンズの表裏を確かめてから利き手の指ですくってから目を大きく見開いて目に置きます。ハードの場合はコンタクトが小さいため瞳よりずれてしますケースが多いのではずれてしまわないようにしっかりと付けるようにしなければいけないですね。
一般的に目の悪い人の調整に装着されるレンズをコンタクトレンズと言いますが、目の表面の角膜に直接貼り付ける特徴を利用して、目そのものの保護に役立てるケースもあるみたいです。正しく装着すればすごく安全面に優れたコンタクトレンズです。医師の指示の下で正確に装着しましょう。

目の表面にコンタクトを装着するのです。誰であっても初めのうちは怖いです。ですが、慣れれば何にも気にはならなくなるので不思議です。ですが逆に慣れてしまうとコンタクトレンズを乱雑に着脱するようになってきます。ちょっとくらい怖いくらいの方が目にはいいのです。
経済上の理由からコンタクトの値段はなるべく安いのにかぎるという場合は、インターネットを通して買い求めるとよいでしょう。コンタクトレンズを扱っている業者はかなり存在するため、いくつかの販売会社を調べて見た上で本人の好みに合ったコンタクトレンズを購入するのが無難でしょう。

小さくて無色でとても薄いコンタクトレンズは、やはりなくしてしまいやすい器具の代表に挙げられます。とりわけハードのレンズはソフトのコンタクトよりも密着度が低いので、若干落としやすいと言えます。仮に屋外で落とした場合は見つかりにくいので十分注意して取り扱いましょう。
価格に関していうならば、コンタクトレンズはメガネと比べると高いと思ってください。使い捨てタイプの場合はその都度新しいものを購入しないといけませんし、使い捨てでない場合は洗浄や保存用のクリーナーを購入しなければならないので、メガネよりも経費がかかってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *